2009年2月 8日 (日)

久しぶりですが

久しぶりの登場です。一度かなりいいところまで増殖しましたが、2年前に発生したスリップスの駆除で使用した薬品で消滅しました。仔株を某方に託していましたので、増えた際に、譲って頂きました。久しぶりに開花しました。先祖が自分のところの株と思うと、不思議な気持ちです。用土はアマゾニア単用です。

Img_1880

2006年12月29日 (金)

綺麗な感じです。

以前紹介したスカダウ・ブラウンが咲いていました。花はワインレッドでグリーンタイプとは違うようです。もう少し先端部は長いのですが、花をアップにしたら写らなかったので、こんな風になっています。気が早いですが、この調子で次回の開花の期待をしています。

Img_0746

2006年12月 9日 (土)

楽しみです。

スカダウ・ブラウンタイプです。以前ブラウンを載せましたが、その株の親株になります。買ってから約1年ですが、ようやく蕾を確認することができました。仔株はどんどん出てくるのですが肝心の開花がまだでした。このまま、順調にいってくれれば、なんとか開花すると思うのですが。グリーンタイプと違って葉の真ん中に通る主脈にはっきりと虎班が出ています。用土はショップオリジナルのままです。PH4.9~5.5です。用土はアマゾニア主体で育てれば上手く育ってくれるようですImg_0689

2006年11月 4日 (土)

かなり綺麗系クリプトです。

スカダウ・ブラウンです。画像の株は親株から切り離した仔株で、親株は別ケースで育成中です。花はまだですが、仔株が出現中です。多分、初入荷時の株です。ブラウンだったものがグリーン、もしくはその逆もクリプトには多々ありますが、これはそうはならず、常にブラウン状態ですので、スカダウ・グリーンとは完全な別タイプと言ってもいいかもしれません。丈夫で増えて、綺麗な種類でかなり面白いと思います。育成環境は酸性~弱酸性(PH5.7~6.7)と結構、幅が広い水質でも大丈夫な感じです。成長は普通から遅めというところでしょうか?用土はアマゾニア+バーミキュライトorアマゾニア+小粒軽石(ショップ様オリジナル)です。この株のケースの水質はPH6.5~6.7位、温度はジェックスの60wオートヒーターで25.5~26.5℃、湿度75~85%です。

Img_0640_1

最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ