2009年10月13日 (火)

オーソドックスですが

フェルギネア カンボンバヨールです。レヨン便での入荷の仔株ですが、一昔前はかなり貴重なものと大事にされてきていました。ここ数年は別産地での発見によりフェルギネアの中でもオーソドックスなタイプとなっておりますが、魅力的なことには変わりありません。用土はマレーヤ+富士砂+赤玉土です。

Img_2157

2007年6月16日 (土)

咲きました。

以前紹介しました、フェルギネア・ケラン産が咲きました。葉の枚数は少ないですが、大きさはそのままを維持しています。鉢の底からかなりの量の根が出ていますので、花の後に植え替え実施予定です。用土はプラントサンド3:アマゾニア2です。PHは5.0~5.9です。

Img_0954 Img_0952

2006年12月23日 (土)

最近の導入株。

フェルギネア(ケラン産)ここ最近の新規導入株です。買った段階で、すでにこのサイズでした。状態よくキープされていました。当初の用土からオリジナル用土に変えてみましたが、今のところ葉がダレることなく、調子がいいのを継続しています。バヨール産と違い葉の幅が広く濃いグリーンでフェルギネア系で特徴の濃緑色の虎班は少ない感じです。オールグリーンと呼んでも差し支え無いと思います。一緒に写っているリングアと比べてると大きさが伝わると思います。PH4.9~5.5、温度26℃のケースです。

Img_0721

最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ