2012年7月23日 (月)

比較

AZ便ホレマニー ナロータイプと昔入荷

ホレマニー(オランダ便)の比較をしてみました。

葉幅はナローの方が細く、捩れも少ない感じです。

昔入荷ホレマニーはかなり捩れます。

葉幅は普通のブロードと比較して細身です。

葉脈もナローは違うようで平行脈の間隔が狭いですが、

昔入荷ホレマニーは平行脈の間隔は広いです。

ナローについては通常のワイルド入荷、ファーム物の

ブロードをそのまま細くしたような形質では無いかと思います。

ナローはウルグアイにも近い(同種なので当たり

前ですけど)ですが、雰囲気はホレマニー

そのものです。

これは、感覚の問題なので、どうこう言えない部分です(汗)

Img_3110 左:ナロー 右:昔入荷オランダ

2012年5月 7日 (月)

人気種です。

オパクス ラタイ便です。

説明不要の種類ですね。

エキノを育てている人はほとんど入手済みの種類ではないでしょうか?

丈夫で小型、綺麗で増やすのも時間さえあれば簡単と

最良の深緑系ではないでしょうか?

普及も進んでますが、ほんの10年前なら入手が難しかった種類ですね。

これが普及すると同時にその時にあった種類で入手難と

なっているものもあり、今ありふれていても10年も経つと

分からないもんだと考えさせられます。

Nec_0140_3

2012年4月11日 (水)

ナローじゃありませんが

2005、6年ごろにワイルドホレマニーとして入荷した株です。

同じようなものがホレマニーナローリーフとして紹介され

(遺伝子とかはウルグアイもホレマニーも同じようなものでしょうが)

ているものも見受けられますが、こんな感じのは私見では

ウルグアイです。(AZ便のようなリアルナローもありますが)

また、しばらくリアルなナロータイプの入荷がなかったせいか

ホレマニーナロー=ウルグアイと紹介されている場合も

ありますが、関西の聖地の店主様も言うとおり、

ホレマニーはホレマニーだと思うので

アクアリウムの業界では別物という区分けとなると思います。

本題からそれましたが、ワイルドウルグアイと思えば良いわけで

ホレマニーと比べ葉幅も非常に細く、色も薄い緑です。

平行脈は普通のウルグアイと少し違う気がしますが、

ウルグアイも色々なタイプがありますが

まぁリアルなウルグアイではないかと思います。

周りがホレマニーばっかりだと新鮮に感じて

しばらく楽しめそうです。

Nec_0106

2012年2月16日 (木)

全部ではありませんが

調子のいいホレマニー系の葉をカットしてみました。

まずは3タイプ。

上からラタイ便ホレマニー(ウルグアイと思います。)

中、sp.ダークグリーン酷似ホレマニー

下、昔ホレマニー(オランダ便)

色、葉のつや、幅、長さ、厚さが異なります。

Img_3056

Img_3058 ラタイ便ホレマニー

Img_3059 sp.ダークグリーン酷似ホレマニー

Img_3066 昔入荷ホレマニー(オランダ便)

グリーン系ばかりではなく、レッド系も。

Img_3075 スーパーレッド古葉

Img_3080 ダークグリーン初期頃入荷物(上とは別)

画像だと色、形が似ていますが古葉になったときの

色が明らかに違うのと、サイズ、新芽の色が違います。

同じホレマニーでもこれだけ差があるのは面白いです。

ブロードとナロー疑いの株も頑張って復活させねばと

思いました。

2012年2月 7日 (火)

秘密の

ファームでのエキノの様子です。

Ech.sp.レッド 松栄便の名前で販売されているものです。

ワイルドの中でも最高峰の赤ではないでしょうか?(笑)

場所は明かせないそうですが、ここから出荷されていくそうです。(冗談です。)

これは屋外栽培で越冬可能なのでしょうか?

育成したことがないので不明です。

解説願いたいです。

120206_184201

2012年1月10日 (火)

いいコンディションの

水槽です。自分の~といいたいところですがある方所有の水景です。

ホレマニー系、クリプト系が綺麗に成長しています。

私もこういう感じで育成できればいいんですが…。

コンディションの良さが分かるのは、

なんといってもホレマニーグリーンがポットのまま成長してますから。

Ts3v0031_2 

2012年1月 4日 (水)

成長遅いです。

年末にリセットして約1週間ですが新芽が展開してきました。

ホレマニーの1タイプです。

成長が遅く30cmあるかないかです。

葉幅は細めです。

Img_2989 

2011年12月31日 (土)

2011年も

そろそろ終わりです。

今年は3月の地震で震度6を経験しました。

発生時はかなりまいっていましたが、直後から

応援、支援して頂き、無事ここまでくることができました。

ありがとうございました。

Nec_0038

画像はエキノ オパクス ウルグアイ産です。

ヴェルデ、ラタイより若干長葉で形状が

安定しにくい感じがします。

メタハラ下ですので、たまに丸い葉が

出てくれますが、蛍光灯だと特徴的な面長葉ばかりの

気がします。

2011年8月15日 (月)

迫力が

違うエキノの画像を頂きました。

屋外栽培とのことですが、花芽を出しのびのびと生育している

せいか、水槽内と少し違う表情を見せてくれているようです。

やってみたくなります。

Photo イボレ(ヤゴ付き)

Photo_2 ホレマニーレッド(昔タイプ)

Photo_3 オパクスと思われる株→ラウンドリーフ(オパクス ウルグアイ2便目)

2011年8月 3日 (水)

リクエストの

E.ホレマニー グリーン レッドエッジブロードになります。

早速、画像を送って頂きました。

肥料不足気味とのことですが、段々立派な株になってきています。

最近はホレマニー自体(ファームのレッドは別として)、珍草専門店以外で

見る機会が減りつつあります。

その中でもこのタイプはほとんど見られないと思います。

110729_182401

より以前の記事一覧