2010年4月 5日 (月)

白といえないような

色の花です。外側は若干薄いグレーっぽい感じで中は少しクリーム色のような感じです。先端は長いです。小さい花ですが、株の大きさがあまり大きくならない感じなので、グリーンタイプ、ブラウンタイプと比べると観察しやすいです。用土はソイル単用です。

Img_2367

2009年9月21日 (月)

細いです。

アルバ レッドタイプです。株は充実してきましたが、葉は細いままです。グリーンの半分ほどでしょうか?画像は茶色に見えますが、実物はかなり赤い感じです。スワイテシィのような赤というよりはウェンディ系の赤のような感じです。花の色が気になります。用土はアマゾニア単用です。自分の環境ではスワイテシィをはじめ、スリランカ系にアマゾニアは相性がいいように思います。

Img_2122Img_2121_2

2009年9月 7日 (月)

グリーンその後

アルバ グリーンタイプです。かなり大きくなってきました。

成長すると比較的増殖もするようです。成長は遅いですが…。

グリーンのままです。開花が楽しみです。

用土はある程度許容あるようで、通常のクリプトが育つ

ものであれば何でもOKではないでしょうか?

いいクリプトです。

   

Img_2118

Img_2117

Img_2119

2009年5月24日 (日)

ネタなしなので…。

これといったネタが無いので、以前紹介した株ということで、アルバ グリーンタイプです。丈夫です。スワイテシィ系では一番丈夫です。スワイテシィ系というよりウェンディ系です。草姿もウェンディの葉を厚くした感じです。1枚の葉を長く維持できます。時々、植え替え後、初期に溶けることもありますが、1枚くらいですぐに止まります。安心して育成できるので精神的に良いクリプトです。相変わらずアマゾニアのみです。

Img_2078 Img_2079

2009年2月24日 (火)

とりあえず

とりあえず、前回のタイプの今現在の画像を載せてみますが、見た感じ、あまりというかほとんど変わっていませんでした。

Img_1889

2009年2月22日 (日)

1番好きなタイプです。

  A ブラウンタイプです。開花済みの個体です。環境でかなり葉色が変わります。グリーンの時、紫色、茶色と変化が激しいです。サイズも大きめになるようです。開花確認済みで、昨年、ブログ中で画像を紹介させて頂きました。用土はアマゾニア単品です。スワイテシィと同環境で問題無いようです。

Img_1872_2

2009年2月19日 (木)

変わりません。

アルバ グリーンタイプです。最近の状態を撮った画像がありませんので、以前載せた画像です。環境が変化しても葉の色はいつでもグリーンです。若干、中央の葉脈に虎班が出ている時がある気がしますが、気のせいでしょう。用土はソイルのみです。成長は遅めですが、割とImg_1874丈夫です。

2009年2月14日 (土)

それらしく見えます

 アルバ レッドタイプです。以前紹介したものの親にあたる株です。他のを撮影使用とした際に綺麗に見えたので、ついでに撮影しました。用土はアマゾニア単用です。

Img_1884Img_1885

2008年12月30日 (火)

持ちネタです。

年末SPということで、albaを撮影しました。先日、NT様のHPに紹介されていましたが、別経路からの入手です。タイプとしては同じものと思います。左からグリーンタイプでどのような環境でもグリーンのままです。2番目がレッドタイプと呼ばれるものですか、調子はイマイチです。3番目レッドタイプですが、2番目のとは若干異なるようです。一番右がブラウンタイプですが、環境によってグリーン~ブラウン~レッドといろいろな感じで変化して面白いです。これは開花確認済みですね。どれもかなり丈夫ではないかと思います。個人的には一番右タイプがベストと思います。用土はソイル単用ですが、これで十分ではないかと思います。どちらかというと低PHを好むようです。

Img_1874 Img_1875 Img_1876 Img_1872

2008年10月20日 (月)

レッドタイプ

cf alba レッドタイプと言われるものです。サイズも割りと小型のままでスレンダーな葉です。いろいろなタイプがありますが、その中でもこのタイプは面白い方です。用土はソイル単品です。

  Img_1834Img_1830

最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ