2009年9月13日 (日)

丈夫です。

アフィニス(クアラメダン)です。仔株を頂いて数ヶ月以上経過しましたが、それなりに順調です。アフィニスはどの産地のも好調を維持しています。特にアルカリ、中性に気は使っておらず弱酸性系のところで育成しています。用土も今は赤玉と桐生混合ですが、ソイル単用で十分いけるのではないでしょうか?ボコ長細葉系では一番水上栽培で育成しやすい種類の感じがします。

 

Img_2114Img_2116

2009年1月31日 (土)

小型でしょうか?

affinis from Kuala Medang です。入手時から小型で細い感じの葉形が今も継続しています。育成しているアフィニスの中ではまぁまぁ順調な方です。用土は桐生砂+赤玉土+富士砂を適当に混合した用土です。しかし、1ヶ月ぶりに更新となるとは…。怠慢とは怖いものです。そのおかげでクリプトの調子も下がり気味です。Img_1888

2008年5月 4日 (日)

葉の色

アフィニス  タイ南部産です。順調ですが、水中にあった時と比べてグリーンが強い葉の色になりました。現物はもう少し位グリーンです。ランナーを出しているので、そのうち仔株が見られそうです。一時、あちこちで見られましたが、今は一部のお店でしか見れない、貴重なタイプなので、大事にしたいです。用土は桐生+富士砂+赤玉+バーミキュライトです。ケースは弱酸性系のところですが、アフィニスはある程度許容が広いので、Img_1587極端な環境でなければいいのかもしれませんね。

2007年5月25日 (金)

調子が上がってきました。

最近、アルカリ性クリプトの調子が上がってきました。その中でも調子のいいアフィニス・タイ南部産を紹介します。この株は初入荷時に水中葉を某屋上で手に入れました。その後、仔株が出たため譲渡しましたが、元株がダメになってしまった為、譲渡した仔株の仔株を再度、逆輸入して頂きました。やはりクリプトは分散ですね。用土は桐生+富士砂+プラントサンド+バーミキュライト+サンゴ砂+鹿沼です。しかし、これの入っているケースは酸性ケースですが、何故か調子がいいです。用土で安定型とはこのことなのでしょうか?

*業務連絡です。⇒素人ですさんのブログアド変更しています。

Img_0921Img_0919                     

最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ