« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月16日 (木)

全部ではありませんが

調子のいいホレマニー系の葉をカットしてみました。

まずは3タイプ。

上からラタイ便ホレマニー(ウルグアイと思います。)

中、sp.ダークグリーン酷似ホレマニー

下、昔ホレマニー(オランダ便)

色、葉のつや、幅、長さ、厚さが異なります。

Img_3056

Img_3058 ラタイ便ホレマニー

Img_3059 sp.ダークグリーン酷似ホレマニー

Img_3066 昔入荷ホレマニー(オランダ便)

グリーン系ばかりではなく、レッド系も。

Img_3075 スーパーレッド古葉

Img_3080 ダークグリーン初期頃入荷物(上とは別)

画像だと色、形が似ていますが古葉になったときの

色が明らかに違うのと、サイズ、新芽の色が違います。

同じホレマニーでもこれだけ差があるのは面白いです。

ブロードとナロー疑いの株も頑張って復活させねばと

思いました。

2012年2月 9日 (木)

情報求むです。

ラゲナンドラ ブラッシーで入手の株です。

調べてみると確かにブラッシーなる種類?タイプは存在するようですが、

それが本当なのかも分かりません。

国内でラゲナン栽培者は少なく、クリプトより情報もずっと少ない

気がします。

今の自分の技量で開花は無理っぽいですから、永遠に謎ラゲナンで

終わる可能性高いです。

Nec_0077

2012年2月 7日 (火)

秘密の

ファームでのエキノの様子です。

Ech.sp.レッド 松栄便の名前で販売されているものです。

ワイルドの中でも最高峰の赤ではないでしょうか?(笑)

場所は明かせないそうですが、ここから出荷されていくそうです。(冗談です。)

これは屋外栽培で越冬可能なのでしょうか?

育成したことがないので不明です。

解説願いたいです。

120206_184201

2012年2月 3日 (金)

新参者の

またまたウステリです。

プライベートルートで入手のワイルド保証のウステリです。

まだ、葉も細く2-3cmでサイズも小さいので

ヒュードロイのようです。

花を見たい株です。

最後に、アポノゲが見たい、欲しいです。(笑)

Img_3040

2012年2月 1日 (水)

何となく

購入の東南アジアファーム ウステリです。

多少凸凹が少ないような気がしますが、ハイブリッド説の証明でしょうか?

確かにワルケリー等とのハイブリッドが存在するようですが

こちらも未開花ですので、未確認です。

葉幅は5cm程度です。

ウステリ系は礫とか軽石等を混ぜ込んだ用土で

強酸、強アルカリになららければ比較的維持は

簡単な部類ではないかと思います。

Img_3041

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ