« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月29日 (日)

虫?

野生ランの一種ジガバチソウです。場所によって黒、緑、その中間と色々な花色があるようです。このあたりはクリプトに似たようなところがあります。あまり、栽培している人はいませんが、洋ランの世界でいうリバリスです。洋ランのリバリスも面白いですが、こちらも、なかなかです。

Img_1689Img_1693

ボコボコ系です。

コルダータ タンキリン産です。2007年入荷の株ですが、特徴としてボコボコがあるカッコいいコルダータです。立ち上げに手こずりましたが、この通りカッコいい凹系の葉を展開させてくれています。Img_1679用土はピート100%です。

2008年6月22日 (日)

順調

AS便で入荷のゾナータ ルンドゥです。ワイルド株ですが、入荷時とは違う形になってきましたが、サイズアップしてきて順調です。お店で見てたら、ある店員さんが「こんなの欲しいの?」(水草好きなのにクリプトまったく興味なしの方)という感じで見てたので、チャンス!と「いくらですか?」と聞いたら、表示価格よりだいぶ安く(一般的な適正価格で。)出してくれました。その一回のみですが…。用土はピート100%+腰水深めです。

Img_1675

採取株

本日、山探索&採取してきました株です。車で5分ほどの近くの山林からの採取です。一級品ではなく、まだまだ駄物ですが、個人的には面白くて好きな部類です。 分かりにくいですが、左が芯がらみボヤ班と言われるものです。右は丸止め葉というタイプですね。両方?なものですので、育成して楽しみます。トンボ草がありましたが、まだまだ咲きそうにないですね。自宅のもまだまだなのでImg_1669_2、これからでしょう。Img_1670

2008年6月15日 (日)

開花!

バンカエンシス BASJ1-2です。頂いた段階で、かなりいい感じの株でしたので、後は開花を待つばかりでしたが、ようやく咲いてくれました。私のところではピート単品より、ピートにマレーヤもしくは赤玉等のソイルを混ぜた方が成績がいいです。環境次第とは思うのですが…。

Img_1663Img_1657

2008年6月 3日 (火)

長葉系?

以前も紹介しました、日本春蘭です。最近購入した株が気に入っているので紹介です。世にいう銘品(登録銘のあるもの)ではありませんが、それに劣らない株です。(下)チャボ羅紗という系統ですが今、一番のお気に入りです。Img_1648

下は、2週間前に山で見つけた硬葉というタイプです。このままのサイズで行けばチャボ系というものになると思いますが、どうでしょうか?これでも7年以上経過している株のようです。

Img_1650 栽培するとサイズがより小さくなったり、葉質が変わったりするのも多々あるようなので、しばらくは楽しめそうです。しかし、上のとは程遠いですね。上のようなのを見つけるのが目標です。

ボコボコです。

アミコルムです。凸凹でかっこいい感じのクリプトです。凸凹は継続性があるようです。用土はピート100%です。もともと、私が持っていたのはいじけてしまったので、分散していた株を再度逆輸入したものです。このままなら順調と思います。

Photo_2

2008年6月 1日 (日)

ようやく

カソンガン グリーンです。トレードで頂いたものです。パリジと同じく苦手種でしたが、最近ようやく克服できそうです。ブラウンもありますが、グズリ気味で時間がかかりそうです。用土はピート100パーセントです。それにしても凸凹がはっきりしていて魅力的です。

2 Photo

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ