« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月29日 (金)

綺麗な感じです。

以前紹介したスカダウ・ブラウンが咲いていました。花はワインレッドでグリーンタイプとは違うようです。もう少し先端部は長いのですが、花をアップにしたら写らなかったので、こんな風になっています。気が早いですが、この調子で次回の開花の期待をしています。

Img_0746

2006年12月23日 (土)

やっと咲きました。

モエルマニーです。今年導入した株ですが、最近になって調子が上向きになり、やっと開花してくれました。強健種ということで心配はなかったのですが、株数が増えるのにも時間がかかったので、用土の選択ミスだったと思っていました。株自体はかなり大きく高さは40㎝以上、葉の大きさは手のひら大です。ポンテと似ていますが、若干違いはあるようです。用土はマレーヤ+アマゾニア、PH4.5~5.0のケース収容です。(この大きさの都合でこのケース以外に入りません。)Img_0725

最近の導入株。

フェルギネア(ケラン産)ここ最近の新規導入株です。買った段階で、すでにこのサイズでした。状態よくキープされていました。当初の用土からオリジナル用土に変えてみましたが、今のところ葉がダレることなく、調子がいいのを継続しています。バヨール産と違い葉の幅が広く濃いグリーンでフェルギネア系で特徴の濃緑色の虎班は少ない感じです。オールグリーンと呼んでも差し支え無いと思います。一緒に写っているリングアと比べてると大きさが伝わると思います。PH4.9~5.5、温度26℃のケースです。

Img_0721

開花待ちです。

minima(インドラギリ)です。トレードしていただいた株ですが、その時からかなり調子が良くグングン成長してここまで来ました。このまま無事に開花すれば初開花ですので、楽しみにしています。用土は水苔単品でPH4.5~4.7の腰水です。minimaは水苔との相性がばっちりです。

Img_0715

2006年12月16日 (土)

一般種絶好調です。

ポンテ(斑入り)です。相変わらず班は家出したきり帰ってきませんが、株自体の調子はいいようです。最近植え替えをしましたが、そんなことを気にすることなく増殖しています。今日ケースをみたら、勝手に咲いていました。一般種ですがクリプトの花は面白いです。その中でもポンテは綺麗な方に入るんじゃないかと思っています。

Img_0709

その後です。

画像がボケていますが、以前紹介した混じり抜きカージナルのその後です。購入して1週間以上経過しましたが、どうやらそのままの体色を維持しています。ダブルレッドはエサ(甲殻類等)による影響が大きいとのことですが、これはエサによる影響は無いみたいです。エサは人工飼料と冷凍赤虫オンリーなのでエサの可能性での体色変化は無いと思っています。透明鱗タイプでいいんじゃないかと思っています。

Img_0695

2006年12月 9日 (土)

楽しみです。

スカダウ・ブラウンタイプです。以前ブラウンを載せましたが、その株の親株になります。買ってから約1年ですが、ようやく蕾を確認することができました。仔株はどんどん出てくるのですが肝心の開花がまだでした。このまま、順調にいってくれれば、なんとか開花すると思うのですが。グリーンタイプと違って葉の真ん中に通る主脈にはっきりと虎班が出ています。用土はショップオリジナルのままです。PH4.9~5.5です。用土はアマゾニア主体で育てれば上手く育ってくれるようですImg_0689

2006年12月 3日 (日)

久しぶりに。

近くの熱帯魚店へ行ってきました。何気無しに陳列してある水槽を見ていたら、カージナルの水槽に普通体色のに混じって薄い体色のが2匹泳いでいるのを見つけました。入荷してどのくらい経っているのか聞いたら、1~2週間前とのことで、再度よくその個体を確認し他の必要品と一緒に注文しました。どれ?って聞かれながら抜いてもらいました。以前、グリーンネオンで同様の色のを何度か抜きましたが今回のもそれと同様ではないかと思われます。一応、昔の本を見るとイエローとかマーブルタイプと呼ばれているものではないかと思います。最近では透明鱗とか言われてますね。でもイエロータイプは気まぐれで普通っぽくなったり、シミが出てマーブルになっったり水質が合わないと色を維持するのは難しいのではないでしょうか?でも、ノーマルのに比べると明らかに違うのでこれはこれで一つのタイプでいいんではないでしょうか?久しぶりに抜きました。あっ、そういえばカージナルにはダブルレッドなるタイプがありましたね。それかもしれませんね。ノーマルにそっくりってところが。 Img_0682

2006年12月 2日 (土)

植え替えしました。

ウステリアーナ(ダッセン)です。譲っていただいたものです。最初から大きかったので、仔株を数株だしてくれましたので、株分けも途中で行ってましたが、水槽のコンディションが下がってきたので、環境の見直し+植え替えを実行しました。植え替えをしていて感じたのですが、用意した2.5号素焼き鉢では小さかったかもしれません。次の植え替えのときは一回り大きい3号鉢にするつもりです。水質はサンゴを腰水に入れてあるのでPH7.2、水温26℃です。

Img_0680_1 

ところで、皆さんは鉢はどのくらいの大きさのを使っているんでしょうか?私の知っている方は2号、2.5号を使い分けているようです。以前も書きましたが、私も2~3号までの鉢を使っていて中心は2.5号の素焼き鉢です。

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ