« 苦手ですが。 | トップページ | どんな感じになるのでしょうか? »

2006年10月31日 (火)

環境です。

育成環境というほどの物ではありませんが、紹介です。このケースは36㎝水槽でサイズが小さめなクリプトを収容しています。一番巨大なのはアンナミカで、3号鉢にアマゾニア単品で植え替えたものです。あとは、見ての通り、様々な種類が2~2.5号の素焼き鉢に植えてあり、下には先日紹介したレンガが入っています。水はR/O水+メネデール+粒ピート少々、とあまり手を加えずそのまま入れてあります。PHは6.5~6.7と高めですが、特に問題なく育っております。ただし、アルカリ性が向いている、アフィニス、ヒュー、キー、ブローサはサンゴで調整したり、酸性系のロンギ、ボルネオエンシス、グリ、プルプレア、ゾナータ系はボルネオリーフ、長繊維ピートで調整した水槽の方がいいと思いますというかそうしてます。この方法が向いているのは、今のところ私の所ではスワイテシィ、フェルギネア、ミニマ(酸性でもいいと思いますが)、ピグマエア等の弱酸性系のクリプトにはいいのではないかと思います。

Img_0627_1

« 苦手ですが。 | トップページ | どんな感じになるのでしょうか? »

コメント

バーバーさん

こんばんわ。いえいえお礼を言われるほどの内容ではないので恥ずかしいですね。
また何かありましたら書き込みしてみて下さい。可能な限り対処しますので…。

Ashiriel様、今晩は、栽培環境のご紹介ありがとうございます、心より感謝いたします、参考にさせていただ来ます、私が、育ててみたい、クリプトばかりで、ため息が出ます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 環境です。:

« 苦手ですが。 | トップページ | どんな感じになるのでしょうか? »

最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ