トップページ | 2006年11月 »

2006年10月31日 (火)

環境です。

育成環境というほどの物ではありませんが、紹介です。このケースは36㎝水槽でサイズが小さめなクリプトを収容しています。一番巨大なのはアンナミカで、3号鉢にアマゾニア単品で植え替えたものです。あとは、見ての通り、様々な種類が2~2.5号の素焼き鉢に植えてあり、下には先日紹介したレンガが入っています。水はR/O水+メネデール+粒ピート少々、とあまり手を加えずそのまま入れてあります。PHは6.5~6.7と高めですが、特に問題なく育っております。ただし、アルカリ性が向いている、アフィニス、ヒュー、キー、ブローサはサンゴで調整したり、酸性系のロンギ、ボルネオエンシス、グリ、プルプレア、ゾナータ系はボルネオリーフ、長繊維ピートで調整した水槽の方がいいと思いますというかそうしてます。この方法が向いているのは、今のところ私の所ではスワイテシィ、フェルギネア、ミニマ(酸性でもいいと思いますが)、ピグマエア等の弱酸性系のクリプトにはいいのではないかと思います。

Img_0627_1

2006年10月28日 (土)

苦手ですが。

Cry.sp.Sgスカピタニ(レヨン便)です。これもminima インドラギリと同じ方より譲って頂いた増殖株です。ディデリキではないかとのことで、葉のボコボコ感がいい感じで出ており、調子もいいようです。あとは、仔株+開花してくれればと思いますが、私自信、ゾナータ、ディデリキが苦手分野の方に入るので、とりあえず今は、無事に育ってくれればと考えてます。栽培環境ですが、36㎝水槽、鉢は2号、用土は水苔単品、水温25~26℃、湿度75~85%、水質PH5.7~6.0といったところです。同居株は先に紹介のリングア、スワイテシィなどです。あと、余談ですが、腰水中にはエキノ水槽で悪いことをしたA・トーマシィが幽閉(自由にしてます。)されております。

Img_0607

2006年10月26日 (木)

順調に見えますが…。

紹介するのは隣のスワイテシィではなく、葉の影に見えるリングアです。今年、オリエンタル便のをRootsさんより購入しました。リングアが欲しいと思ってから、しばらく入荷が無かったので、掲示板で入荷情報を見た瞬間に在庫確認&注文メールを入れてました。3POT注文しましたが在庫が無く2POTでしたが、1POTで6株位入っていた為に、ばらしてびっくりしました。Rootsさんからは「3POTだと多すぎるので2POTでちょうど良かったですね。」とメールを頂きました。さすがに想定外でしたので友人と分けました。しかし、現在残っているのはこれともう一株で購入時より1/3になりましたが、現在、両方ともこのような感じで成長を始めており順調に見えますが、適正な用土(相性のいい用土)が見つけられなく、苦労してます。1株はRootsさんで育成しているソイル単品でもう一株は観葉植物用土+鹿沼土+ソイルです。腰水の水質は5.7~6.0と5.0~5.7と二種類の酸性~弱酸性の水で栽培してます。みなさんはどのような感じで育てているのかが気になります。育てた感じ、成長はかなり遅いとは思うのですが、どうなんでしょうか?意外と難しいです。しかし、クリプトはこういうのが上手くいく時があるからやめられないのかもしれません。

Img_0608

2006年10月25日 (水)

水中で栽培中のクリプトです

水中栽培のクリプトが今のところ上手くいっているので紹介します。キー(バウ産)です。水中向きの種類であるのは知られていますので、その通りの成長を初めております。用土はアマゾニアです。PHは6.0~6.5位です。照明はADA グランドソーラーで10時間つけてます。水交換は週に1回 セオリー通りの水槽の1/3交換です。以前はかなり増殖させたことがある種類なので、今回も上手くいって欲しいと思ってます

Img_0601

2006年10月24日 (火)

注目している種類です。

今日は頂き物のクリプトを紹介します。ミニマ(インドラギリ産)です。それまでミニマは2タイプのみ所持してましたが、頂くまでこの産地のは知らなかったので、それからはミニマも注目して集めるようになりました。ミニマが気に入るきっかけになったものです。用土はミズゴケ+マグアンプ1粒、腰水PHは4.7~5.5位です。夏が終わり、最近になって調子をメキメキ上げており仔株も出てきました。あとは開花確認できるようにしていきたいです。

Img_0597_1

道具紹介

今日は私が水上栽培で使用している道具を紹介します。レンガ君と素焼き植木鉢2号です。 水上栽培でこれからの時期ヒーターを使用すると、水量を多少多くいれるので、小さな鉢の場合は植木鉢の最上部まで沈まないように底上げをする場合は、レンガ(厚さ2~3㎝でホームセンターで60円~80円のもの)を使用します。アクの心配がある場合は1週間位バケツで水に浸しておきます。(その間の水は暇があれば交換してます。)しかし、最近は野ざらしにしてるのを買うようにしてますので洗ってすぐ使用してます。鉢は2~3号を多く使用してます。主力で使ってるのが2.5号でこれなら小さめの株からサイズの大きめの株まで植え込むことができるので、使い勝手がいい大きさです。3号は根茎の大きく2.5号に入らないものを植え込みます。2号は株分けして間もない株や大きくなりにくい種類、根張りが悪い種類(私の所ではリングア、ウィリッシーがそれに当たります。)を植え込みます。水槽は36㎝、60㎝、90㎝を使用しておりそれぞれ一長一短ですが36㎝~60㎝が手入れImg_0598がしやすくいいと思います。長くなってしまいましたので今日はこのへんで。

2006年10月22日 (日)

大型のクリプトです。

画像はcf.モエルマニーです。開花確認されてますのでほぼ間違いないでしょう。用土はソイル混合です。当初はポンテと異なる葉姿でしたが、現在はポンテに酷似しております。大きさが持っているポンテより一回り大きいです。茎+葉先端までで30~40㎝位でしょうか?かなり大型で場所をとりますが、丈夫でいいクリプトです。水質は弱酸性の方が向いていると思いますが、現在、酸性の水槽でこの成長度合いなので万全の環境で栽培すると、どうなるのか興味があります。

Img_0594

2006年10月21日 (土)

お気に入りの品です。

Img_0582_2 今日は先日、某氏に分けていただいた、ノリトイです。最近の種類の中では五指に入るくらい魅力的な種類です。環境的にアルカリ性が向いているようですが、現在、アルカリ性水槽の調子が悪いので中性のところで育成してますが成長は悪くありません。さすが強健な種類です。用土は某氏オリジナルの用土です。最近、班のようなのが出てきてます。ウイルスでしょうか?クリプトのウイルスは聞いたことがありませんのでよくわかりません。

今日のクリプトです。

今日は2本立ての豪華使用でいきます。画像のはC.sp.スカマラの植え込み直後です。今年入荷したものですが、友人にT・ボルネオ様に入荷2日目に連絡を取ってもらい購入しました。コンポストは水苔のみで、腰水PHは5.0~5.5位です。全部の水上栽培腰水にはメネデール+ADAのStep等のアクアリウム用液肥を入れております。置き肥は調子をみてマグアンプを置いてます。ADAの液肥は使い勝手がいいので、気分的に入れておりますが若干の効果はあるようです。

Img_0507_1

こんなのもあります。

Img_0569 クリプトの他にエキノもやってます。画像のはE.sp.サターン(東京都中央区産)です。お店で増殖したのを3年越しで手に入れたものです。最近買ったものではありませんが、手入れを怠っていたら、さすがに調子を崩したので、ソイル+パワーサンド+換水を2ヶ月間毎日50~80ℓずつ交換したところ見事復活しました。水の濁りはコリの仕業です。なかなか、とれませんね。やはりソイルにコリXLサイズ3匹は無理のようです。

2006年10月19日 (木)

新規

今回、ブログを新規立ち上げしました。まだ、わからないことばかりですが、とりあえず何か画像ということで先日開花したC.スワイテシィ(ヤーラ産)を載せました。鉢の大きさは素焼き2.5号 用土はアマゾニア単品で腰水PHは5.7~6.0ですが、本来であれば6.0~6.5位の方が調子がいいようです。まぁ、しかし開花、仔株がありますのでとりあえずはOKではないでしょうか?

Img_0565_3

トップページ | 2006年11月 »

最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ